すべすべ肌の女性

脱毛サロンに予約した後、施術前日までにやっておきたいこと、気を付けることなどをまとめました。こちらに書いてあることさえ知っておけば、余分な出費を抑えることができるだけでなく、脱毛効果を高めることができます。ぜひ参考にしてくださいね。

2~3日前にムダ毛を自己処理しておく

予約した日の2~3日前には、ムダ毛を自己処理しておきましょう。

カミソリで剃る、毛抜きや脱毛テープで抜く、除毛クリームで溶かす、などの脱毛法は、肌へのダメージが大きく肌トラブルの引き起こしやすいので、あまりおすすめできません。

一番肌にダメージや負担を与えない顔用の電気シェーバーがおすすめです。

ちなみにムダ毛が生えている状態で照射したら、過剰に反応しすぎて火傷する危険があるので、剃り残しがあると、その部分を施術してもらえないサロンもあります。

なかには無料でシェービングしてくれるサロンもありますが、有料となるサロンがほとんどです。うっかり剃り忘れてしまったり、剃り残しがないように、気を付けてくださいね!

うっかりやさん必見!シェービングが無料のサロンをこちらで紹介しています。
無料でシェービングしてくれるサロンがあるなら知りたい!

自己処理した後は、入念に保湿ケアを

自己処理した後の肌は、少なからず皮膚や毛穴にダメージを受けて、乾燥しやすい状態になっています。化粧水やボディクリームで保湿のケアをしっかりしておきましょう。

脱毛サロンに行ったら、丁寧に保湿してくれるからやらない・・・というのはNG!

肌の水分量がアップして肌が潤った状態であれば、脱毛効果が高まるだけでなく、痛みが和らぐなどいいことづくめなんですよ^^

施術前のお肌のお手入れも抜かりなくやっておくことが、美肌の一歩です♪

アルコールは禁止

脱毛前後12時間はアルコール禁止とされているサロンがほとんどです。とくに脱毛前日と当日は飲まないようにしましょう。

なぜ飲んだらいけないかというと、アルコールを飲むと血行が良くなりますよね。
脱毛すると肌は乾燥しやすい状態になって、刺激に敏感になるので、血行が良くなりすぎると、毛穴がぽつぽつと赤くなったり、腫れ、かゆみなどのトラブルが発生しやすくなるんでよ。

濡らしたハンカチや保冷剤で冷やせば落ち着くことがほとんどですが、肌が弱いとその赤みやかゆみなどが数日間続いてしまうこともあるので、アルコールは控えましょうね。

追伸

前日までにやっておかなければいけないのは「ムダ毛の自己処理」と「お肌の保湿ケア」。
自己処理をしなくても済むように、脱毛しているのに、自己処理をしなければいけないということを矛盾に感じるかもしれませんが・・・

脱毛サロンの脱毛マシンは、黒色(メラニン)にだけ反応する光を照射して、光の熱のダメージで毛を弱らせて、減毛・抑毛させていきます。

ムダ毛が伸びた状態だと、黒色に過剰に反応して火傷してしまう危険が高くなってしまうので、自己処理が必要なんです。