エステ中微笑む女性
クリニックと脱毛サロンでの脱毛。どっちがいいんだろうとお悩みですか?

それは、「あなたがこれからどんなふうに脱毛したいか」によって、違います。

例えば・・・
●とにかく痛みには耐えられない!痛くないところがいい!
●夏までに脱毛が完了できるなら、どこでもいい!
●まずは安いところで試したい!
●忙しいから施術時間が短いほうがいい!
●お金を払うんだから、リッチな雰囲気なサロンで優雅な気分で脱毛したい!
など、あなたなりの要望がありますよね?

実は、脱毛方式の特徴さえ知ってしまえば、クリニックで脱毛したほうがいいのか?脱毛サロンやエステサロンで脱毛したほうがいいのか?わかってきます。

ここではそれぞれの脱毛方法の特徴であるメリット・デメリットを分かりやすく紹介しますね。ぜひ参考にしてくださいね。

ニードル脱毛

毛穴の1つ1つに針を差し込んで電気や高周波を流すことで、毛根や毛乳頭にダメージを与えて脱毛する方法です。

昔からある脱毛法で、現在はクリニックとエステティックTBC(スーパー脱毛)で施術を受けることができます。

最大の特徴は、処理した毛穴からは二度と毛が生えてこないこと!永久的に脱毛効果が期待できるのはニードル脱毛だけです。しかも、ワキガの原因でもあるアポクリン汗腺も破壊できるので、独特なワキの嫌な臭いを減らすことができます。

ですが効果が高い反面、肌へのダメージが大きい。施術が痛い。費用が高いなどの欠点があります。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は医療用のレーザーを使った脱毛方式でクリニックでしかできません。メラニン色素に反応する光を照射して、その熱ダメージで毛母細胞を破壊することげ抑毛していきます。

メリットは、広範囲に一気に処理できること。そしてシミやそばかすを除去するのにつかわれるマシンと同じなので、施術を繰り返すことで、肌がキレイになる、ということです。

デメリットは、光脱毛と比較すると、効果が高いぶん肌へのダメージが大きく、費用は高め。またレーザー脱毛ができるクリニックが首都圏に集中しているため、地方には少なく通いにくいことが挙げられます。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

光脱毛は、クリニックのレーザー脱毛と同じ原理でメラニンの色素に反応させて施術することで、毛母細胞にダメージを与えて、毛の再生を抑制していきます。レーザー脱毛と光脱毛の違いは、出力のパワーが大きいか、小さいかだけ。

出力が大きいレーザー脱毛のほうが脱毛効果が高く、通う期間が短くなります。

がその反面、光脱毛は肌へのダメージが少ないので、人によっては施術中に寝てしまう人がいるほど痛くない、費用が安いという特徴があります。

まとめ

●クリニック脱毛が向いている人
・費用より効果重視
・完璧に脱毛できれば、痛さは我慢できる
・早く完璧に仕上げたい

●エステ脱毛が向いている人
・費用が安くすませたい
・痛みに耐えられる自信がない
・肌ダメージが心配(アトピー、敏感肌)